YENCASE
0

X

カテゴリー

ブランド

> 店長日記

iPhone15が登場! 9月12日発売、アップルは最上級モデルを推す

発表日:2023-08-30 23:52:17 閲覧回数:133

iPhone15の発売日が正式に決定した。


現地時間8月29日、アップルは9月12日午後10時(日本時間13日午前1時)からスペシャルイベントを開催する予定であることを正式に発表した。

 イベントは昨年同様、カリフォルニア州クパチーノにあるApple Parkキャンパス内のスティーブ・ジョブズ・シアターで開催される。


招待状には "Wonderlust"(通常、旅行マニアや旅行中毒を意味する)と書かれており、中国語のテーマには "curiosity on the head "と書かれている。 アップルはロゴを青と灰色の砂のようなデザインに再構築したが、その他の詳細は明らかにされていない。 アップルは例年、秋に新しいiPhoneやApple Watchなどのデバイスを発表する。

今年期待できるiPhone製品は、6.1インチ画面の「iPhone 15」、6.7インチ画面の「iPhone 15 Plus」、6.1インチ画面の「iPhone 15 Pro」、6.7インチ画面の「iPhone 15 Pro Max/Ultra」(MaxはUltraに名称変更されるとの噂)。 全モデルにNimble Islandとクアルコムの最新5Gチップが搭載される見込みだ。


iPhoneは2012年以来最大の変更点、Lightningの代わりにUSB-Cポートを搭載する。 アップルのワールドワイド・マーケティング担当上級副社長グレッグ・ジョズウィアックは昨年秋、ユニバーサル充電規格を採用する欧州連合(EU)の法律を遵守しなければならないと述べた。 この法律により、EU域内で販売される携帯電話やその他の電子機器は、

2024年末までにUSB-Cポートを搭載しなければならなくなる。


iPhone 15 ProとiPhone 15 Pro Max/Ultraは、標準的なiPhone 15のラインナップにはない追加機能のアップデートを受け、ベゼルが狭くなり、角のカーブがわずかに変更されるなど、あまり変更されないデザインに生まれ変わると予想されている。 軽量化と強度の向上が期待される。


メディアは、アップル初の3nmチップ、A17がiPhone 15 ProとPro Max/Ultraに搭載されると予想しており、iPhoneの先祖代々のミュートスイッチがアクションボタンになるという噂もある。 アクションボタンは、Apple Watch Ultraのアクションボタンのようにカスタマイズが可能だ。


Proモデルはすべてカメラがアップグレードされるが、iPhone 15 Pro Max/Ultraには、光学ズームを3倍から5倍または6倍に引き上げる潜望鏡ズームレンズが搭載される見込みだ。 この機能に必要なハードウェアのサイズから、最大のPro Max/Ultraデバイスでのみ利用可能で、来年にはより小型のiPhone 16 Proにも拡張されるという噂もある。


iPhone 15 Proのラインナップで利用可能な新機能と、アップグレードされた3nmチップのコストを考慮すると、これらのデバイスの基本価格は上がる可能性がある。iPhone 15 Proは1,099ドルから、iPhone 15 Pro Max/Ultraは1,199ドルからとなる可能性がある。

 標準的なiPhone 15モデルの価格は変わらないと予想されている。


カラーについては、Proモデルはゴールドとダークパープルに代わり、グレーとダークブルーが採用されるなど多くの噂があり、通常の15シリーズにもカラー調整が行われる。

ブランド iPhone 15ケース

iPhone 15の新モデルに加え、消費者はApple Watch Series 9とApple Watch Ultraの新バージョンも期待できる。


イベントの模様は事前に録画される予定だが、アップルはメディア関係者をキャンパスに招待し、デモを実際に見てもらい、新製品が発売されれば実際に体験してもらう可能性もある。 アップルは秋のイベントをウェブサイト、YouTube、Apple TVアプリでライブストリーミングする予定だ。


9月12日の新機種発表後、その週の金曜日から予約受付が開始され、9月22日に出荷が開始されるのが通例となっている。


アップルは今月初め、売上高が3四半期連続で減少したと発表した。 同社にとって、売上高が年間7.7%減少した2016年以来、最も長い売上高減少の継続となったが、これは主にiPhoneの販売台数の減少によるものだった。 当時、iPhoneの売上は同社の売上の3分の2近くを占めていたが、現在は約50%となっている。


アップルは、7月末までの直近四半期の売上高を818億ドルと発表し、前年同期比で1.4%減少した。iPhoneの売上高は2.4%減の397億ドルで、アナリスト予想の402億ドルを下回った。 アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、インドなどの新興市場におけるiPhoneの好調な売れ行きを強調した。

 またクックCEOは、消費者がライバルのスマートフォンからiPhoneに乗り換えている中国での売上が7.9%増加したことにも言及した。


調査会社Omdiaによると、iPhone 14は今年上半期に最も出荷されたスマートフォンであり、消費者の購買習慣がローレンジからミドルレンジの携帯電話から市場で最もハイエンドの端末にシフトしていることを反映している。 は2,100万台を出荷した。 アップルは売れ筋の4機種すべてを獲得した。


CNBC Businessが報じたところによると、昨年はiPhone 13が市場で最も売れたデバイスであり、消費者は依然としてフラッグシップ・デバイスを購入しているものの、ハイエンド・モデルではなくエントリー・レベルのものを購入していることを示唆していた。 今年は、アップルの携帯電話ラインナップの中で最も高価なiPhone 14 Pro Maxが首位を獲得した。


アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、アップルはiPhone 15シリーズの初期出荷台数のうち、最上位モデルのiPhone 15 Pro Max/Ultraが約35〜40%を占めることを目指しており、これによりアップルの最も高価なモデルは、ラインアップ4モデルの中で最も高いシェアを占めることになるという。

また、アップルは15 Pro Max/Ultraの出荷台数を昨年のiPhone 14 Pro Maxを10~20%上回る出荷を計画している。 ユーザーを最上位モデルに向かわせる主な特徴のひとつは、潜望鏡レンズのカメラと、チタンフレームのボディだと予想される


前へ:シリコーンの電話ケースは、モノクロ、マルチカラー、バッチで見えるように作られています!

次へ:アップルが語らなかった詳細トップ3:iPhone 15のメモリー/バッテリー/Cポートがさらに確認される

配送方法

国際小包 (送料無料)
出荷からお届けまで7~10営業日

支払方法

銀行振込/PAYPAL/クレジットカード
支払い方法は銀行振込がお勧めです

返金

商品到着後3日以内にお問い合わせください
返金のみ承っております

返品/交換

返品の送料は顧客負担となります
交換の際は送料1,500円が必要です

sale@telcase.com 03-5656-3403